腎臓病や糖尿病の食事療法にまごころケア食の宅配食は最適です

カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、その種類や調理するときの形状・水の量・処理時間によっても異なります。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、搾るようにすると、より多く除去できます。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分だけでなく水分の病理制限も重要となります。こうした際の病理制限は、飲料水に限らず、食品中における全水分が相当します。浮腫自体が無い又は軽度の場合は塩分の病理制限のみで済みます。この場合の水分病理制限は病気の状態や尿量から医師が特定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なのできちんと医師の診察の元病理制限を施すようにしましょう。慢性腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい食事病理制限が行ないやすくなります。腎臓の機能が落ちていく程、今よりも力を入れて食事を徹底しないとなりません。その他に、糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー病理制限も追加されるのです。個人の見解で判断するのではなく、専門の知識を有する管理栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。日々の食事で得たたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓中で分解されて、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓にもたらす負担が増加します。腎機能を保つためにも、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)であるため、不足しないように補給する重要があります。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、慢性腎臓病の症状進行を食い止める事と、健康体のキープとされます。人工透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法によって腎不全の急激な症状進行を食い止められ、透析を始める時期を遅くしていけます。更に言えば、人工透析開始後も、できる限り健康体で人工透析をするために、食事療法は非常に重要な治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)法です。人体に重要な3大栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負担がかかります。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日換算で約30g~40gです。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に達してろ過された後尿といっしょに体外へ出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉の量が減れば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニン量が飛躍するので、普段よりクレアチニンの値は減少します。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)するよう心掛けましょう。甘いものには意外に沢山のたんぱく質が含まれているのです。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して造られているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、重要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個相当のたんぱく質が内包されています。慢性腎臓病でも食事療法が適切だったら、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、慢性腎臓病の症状進行のペースを遅くできます。だいぶ効果が出た場合には、慢性腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられるようになります。食事療法が難しいと言いますが、これは病理制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法は、患者自身が自ら積極的に実行できる一番の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)行為です。慢性腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て血流が悪くなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、増加する事態になります。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を常にキープする事が入り用なのです。
参考サイト:まごころケア食