糖尿病の食事制限もまごころケア食なら対応できます!

体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、「体内時計」と密接に関わっています。「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉えることができます。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、「食べるタイミング」といった体内時計の観点をプラスし、食事のリズムと効果の関わりについて新しく研究する分野です。糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。一日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯の量を少なくすることが大事です。最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。なぜなら、糖質の多すぎる食事はよくないからです。糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当とご飯を少なく摂ることを、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。健康診断などで糖尿病予備軍と注意を受けた経験のある方たちのなかで、「まだ糖尿病になったわけじゃないから、今は食生活を改善したり、スポーツもなかなかできる時間がない」と思っている人も多いでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、考えを改めることはなかなかできません。そのうち、次第に境界型という糖尿病になってくると、検査の結果にも色々な変化が顕れ始めます。例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大事になってきます。代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。薬物療法を行っている場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、条件次第では低血糖を誘発するおそれがあるので留意してください。日々の献立作りに変化を取り入れたり、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、その状態が継続、悪化してしまうとゆくゆくは合併症の要因になってしまいます。2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活を見直さなければ治療へと進めません。体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、または悪化を阻止するのが食事療法の目的です。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと考える患者さんが多いと思います。ところが、糖尿病になったからといって、食べられる食品はたくさんあります。普段の食事とは異なるメニューが「食事療法」というわけではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを考えながら実践することが目的になります。こうした食事療法の目的は、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないということです。人は年齢とともに筋肉でのインスリンによる糖の吸収が減っていきます。その結果、血糖値の上昇へとつながります。とりわけ食事の後は、ブドウ糖が急激に体内へ吸収されるため血糖値が上がります。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。また、ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。数多くの食品群にはさまざまな栄養素が含まれており、それらを適量摂取することが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するためにヒントとなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。食品交換表では私たちが日常食べている食品を、そのうち最も多い栄養素をもとに、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、食品の重量を1単位80kcalとして掲載しています。そうした食品交換表を参考にすることで、日々の献立づくりの幅が広がります。一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹中枢が満足したりするからです。仕事で時間が取れなくても、短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、それらを含んだ海藻類・きのこ類はたくさん摂ってください。ポテトやコーンは糖質に注意しながら摂ってください。年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンが上手に機能しなくなり、継続的に血糖値が高いままの病気です。人生の多くを費やす糖尿病治療の目標は正常なバランスを維持するための体重・血圧・血糖・血清脂質の管理を継続することで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、日常の生活に支障をきたさないよう人生をたのしみながら送れるようにすることです。治療のための食事療法を正しく実行すれば、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にもつながります。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>まごころケア食口コミ