介護食を作るための負担を減らすためにも専用の調理器具は必要不可欠です

介護食の見た目は、食べたいという気持ちを出すためにとても重要なことです。どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、見栄えも味も悪くなってしまうと、食欲は失われてしまいます。うまく噛めない方でも口にしやすいか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。高齢者は唾液の分泌量が低下するため、口に入れたときに、水分を吸収してしまうような食べ物は食べるのが大変です。そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、口にしやすい材料を使って、食事に無理のない形状に作り変えます。介護施設の食事は栄養士がバランスのとれたメニューを考え、調理担当が作ったお料理を用意していますが、飲み込むことや噛む力が特に低下している方の場合は、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。老人ホームによっては、もとからなめらかになっている食事ではなく、料理の見栄えを大事にしつつすごく簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、味わって食べられる作り方を教えてくれる老人ホームもあります。食べる力は加齢や病気によって衰えます。介護食は食べる力が衰えてしまった方のための食事ですが、ひとりひとり機能の程度は違います。安心してごはんが食べられるような手掛かりとして介護食は程度によって分けられています。嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによって異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、外に出ることが困難な方でもご家庭で問題なく食事を行うためにとても役立つ指標です。病院食に見られる特徴は、料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目も悪く、味も美味しいとは言えないものでした。入院生活を送っている高齢者の方の食事が進まなかったのは噛めないのではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、自宅で作る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなものは絶対に出さないと決めました。病院で摂食嚥下障害を専門に診ている看護師さん自宅に戻ってからどのような介護食を用意すれば良いかと伺ったら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。口にしやすい介護食を作るため、そしてケアをする側の負担を減らすためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、ペースト状などにもできるため、調理の大きな手助けになります。それ以外にもマッシャーやすり鉢を使用してより食べやすい形にすることもできます。それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器使うことによってそれは解消されます。食べることに楽しさが見出せず食べにくさばかりを考えてしまうと、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単に食事をすませられるかばかり考えてしまいます。そんなときは、身近にある食品をプラスして、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれた食事をすることがとても大事です。あまり気分が乗らないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆを作る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。なのでおかゆだけを食べるのではなく、ほかの食材も摂るようにすることで、不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、このままでは要介護の状態になる状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。このフレイルという状態は、筋肉の量が減ってしまうことを指す「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態になってしまう可能性が高いといいます。この「負の連鎖」の原因となるのが低栄養なのです。体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、いつまでも体を不自由なく動かせるように良質なたんぱく質を摂取しましょう。卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質なので、もし肉や魚がうまく食べられない人は、たんぱく質を摂るために、卵や豆腐を食べることをおすすめします。そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質にはアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素が含まれているため、たくさんの品目を毎日食べている人は、歳を取っても活動範囲が狭まることもなく、いつまでも健康でいられるそうです。年齢とともに顔の筋肉が下がってきたり歯がもろくなってくると、 ものを噛んだり飲んだりする力がなくなっていきます。これまでと同じ食べ物をうまく食べることができず、飲み込むときに喉につかえてしまうことが多くなり、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう恐れもあります。そして、主な高齢者は若い頃に比べて食欲が低下するため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、一度に沢山の量を食べられなくなり栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、水気の多いものが飲み込みづらいといった問題に直面します。どんな状況においても楽しく食事ができるように介護用食品は、食べやすさを第一に考えて作られた商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。介護をする方にとって、食べやすい食事を準備するのは大変です。介護のための食品は、心休まる瞬間を作る手助けになったり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。介護を受ける方もその家族も、みんなが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くおすすめします。詳しく調べたい方はこちら>>>>>介護食宅配ランキング