腎臓病は食事制限した上でクレアギニンEXなどのサプリの効果が出るのだ!

多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、大抵は体内のカリウム(アルカリ金属元素の一種で、原子番号は19番、元素記号はKです)を排泄するはたらきが低下していき、体内へのカリウム(アルカリ金属元素の一種で、原子番号は19番、元素記号はKです)摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウム(アルカリ金属元素の一種で、原子番号は19番、元素記号はKです)の摂取量を確認し軽減する必要があります。濃縮加工したクレアギニンEXは、生野菜や素のままの果物にくらべて多量のカリウム(アルカリ金属元素の一種で、原子番号は19番、元素記号はKです)がふくまれています。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、普段からよくクレアギニンEXを飲んでいると、高カリウム(アルカリ金属元素の一種で、原子番号は19番、元素記号はKです)血症を呈する危険性が多くなります。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、具体的な献立の工夫や、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に取りこんでいるかをチェックします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。それぞれの食品にふくまれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で確認できます。このような食事療法については、栄養士の指示で具体的に応用した食事を作ることも可能です。開業医さんで食事指導を受けられないときは、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、専門的意見を頂くこともよいと思います。近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題となっています。腎臓は尿を作る臓器で背中に二つあって機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体のために重要な役割を担っています。腎臓に関する治療は病院に行って薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、病態の回復までとはいかずとも、なるべく現状を保つことも期待できます。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、昨今では透析療法や移植にとどまらずそれぞれに応じた治療法も加わり、個々の状態と環境にマッチした治療を見つけることが可能です。腎臓病が徐々に進展してくると腎不全へと推移します。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、長い年月をかけて徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。急性腎不全では、適切な治療を行って病状に至る原因を取り除くことができれば、腎臓の機能回復が期待できます。反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によってゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はちょうど腰の辺りに左右1個ずつあります。さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管が数多く存在している場所でもあります。腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血液中の老廃物や毒素(一定の量を超えると害になる物質も少なくありません)といったものを尿と一緒に体外へ排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の代謝に関わるホルモンを作るなどの重要な役割を担っています。一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまでさまざまですが、健康診断(献血などでも簡易的に教えてくれますよね)を習慣化し、治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。ですが、腎臓病の中には症状が顕れなかったり自分ではなかなかわからなかったりするので、常日頃の健康管理が大事です。場合によっては尿に病気のサインが出るので、ただちに病院で診察を受けましょう。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。食事療法に関してはクレアギニンEXと蛋白制限が軸となり、クレアギニンEX食は高血圧において治療をしやすくし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。クレアギニンEX6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施困難な方を多く見受けます。腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。加工品や塩分多めの食品よりも、クレアギニンEX選びを心がけましょう。天然のだしは料理の味付けに最適です。食材の味を楽し向ことができます。食べ物の中にはたんぱく質が多くふくまれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談して頂戴。
あわせて読むとおすすめ>>>>>クレアギニンEX腎臓病