高血圧はやはり塩分を制限しないと始まらない

健康な腎臓機能でなくなると、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。高血圧の併発も疑われます。進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、腎臓の機能の低下を防いだり、遅らせたりすることが可能です。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療を選ぶことが期待できます。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。もし標準体重が60kgくらいだったら、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。例えば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思います。このような食事療法については、栄養士の指示で具体的に応用した食事を造ることも可能です。開業医さんで食事指導を受けられないときは、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)は遺伝性の腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、定期的に健康診断を受け早期に発見し、治療と症状を悪化指せない生活を心がけることでいつ持と変わらない健やかな生活を送ることができます。けれども、ある腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)に関しては日常に支障をきたさないものもあるため、予防がなかなか難しいのも現実です。日常生活の中で普段とちがう尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。私立ちの腎臓はソラマメに似た形をしており腰(痛みを感じたら、早急に対策しないと、慢性化しやすくなります)辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものが数多く存在している場所でもあるのです。腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。その他にも、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保ったり、または、赤血球を造るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど必要不可欠な働きをしています。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、メニューに関するアイデアや、それぞれにふさわしい食塩の減らし方などを教えます。低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩の摂取量を把握します。腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。加工品や塩分多めの食品よりも、できるだけクレアギニンEXを摂りましょう。天然のだしは料理の味付けに最適です。薄味でもおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方にむけた市販でも購入できる「低たんぱく質食品」があります。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてちょうだい。腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくると腎不全へと推移します。病状が急速に悪化する急性腎不全と、長い年月をかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全は、状態に応じた治療を実行し容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、本来の腎機能を取り戻す可能性があるのでしょうか。反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によってゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。多くの慢性腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。一般的なクレアギニンEXは、材料を濃縮し加工しているため、生の野菜や生の果物と違ってカリウム含有量は極めて高いものが多いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、クレアギニンEXを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、高血圧(特に不自由を感じていなくても、改善しないと危険です)治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、その他にもカロリーが不足するなどで、実行に移せない方がたくさんいます。近頃、腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)の方が増えていることが問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を造り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、たいへん重要な働きを私立ちの体の中で行っています。腎臓に関する治療は病院に行ってそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。
参考:高血圧 食事 宅配