腎臓病の食事療法にはウェルネスダイニングの宅配食がベストです!

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、大抵は体内のカリウムを排泄するはたらきが低下していき、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生野菜や素のままの果物に比べて大概はカリウム含有量が非常に高いです。そういった理由もふくめて、もし腎機能が健康でない患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。60kg前後を標準体重とすると、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。たとえば、食品にふくまれる蛋白の量をしりたいときはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。食事療法については、栄養士に教えてもらいながら色々と工夫してやっていけます。もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病の悪化を食い止める事と、現在の健康の具合のキープです。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、ウェルネスダイニングの宅配食による食事療法次第で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を要する時期を極力遅くできます。実際に透析が必要となってからも、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は必要不可欠です。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多くふくまれており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い食べ物に関しても案外あまたのたんぱく質がふくまれているのです。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個と同量くらいのたんぱく質が内包されています。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。尿を作る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院しそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。日々の食事で得立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に悪影響を出します。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、全く摂らないわけにはいけないのです。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、具体的な献立の工夫や、減塩のポイントなどを教えます。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、減塩食は高血圧治療を容易にして、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3だったら減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、ナカナカ実践に踏み切れない方も多く存在します。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に居座りつづけることはありませんが、たんぱく質の場合分離されれば約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担を与えてしまうのです。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で言えば30~40gに相当します。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理をはじめましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、食品の分類や調理を実行する際の形状・水量・所要時間により相違します。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>ウェルネスダイニング