クレアギニンEXで頻尿の不安が解消した

食事で摂取したたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に流れて分離された末、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に与える負荷が増してしまいますよね。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る重要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適量は摂り入れるようにしましょう。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分に加えて水分の調整も重要になります。この場合 飲み水だけではなく、食品自体が持つ全ての水分と考えます。浮腫がなかったり軽い場合は塩分病理制限だけになります。病理制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量により医師が判断します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自分勝手な病理制限はしてはいけません。慢性腎臓病の食事療法が上手にいくと、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、慢性腎臓病の症状進行のペースを遅くできます。かなりの精度で効力が発揮されれば、慢性腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられるようになります。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますよねが、決してそのような事はありません。食事療法と言うのは、患者が自主的に手掛けられる最善の治療方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)です。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓内で分解された末尿と合わせて体外へ除去される成分です。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。なので、通常男性の方が高めの数値になっていますよね。筋肉の量が減れば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニン量が増加するので、本来の値よりクレアチニン量が低下します。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で言えば30~40gに相当します。慢性腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、腎臓病を極力進行指せない事と、現在の健康状態のキープです。人工透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法によって腎不全への進行を遅らせることができ、人工透析導入を遅らせることができます。更に言えば、人工透析開始後も、できる限り健康体で人工透析をするために、食事療法は非常に重要な治療法です。慢性腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷をうけるので血液の濾過作用が上手に行われず、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に増えてきます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症を発生指せる要因となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を維持することが重要となります。腎臓病の人のためにたんぱく質の少な目な特殊食品が売られていますよね。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓機能が落ち込む程に、現状以上に細かに食事を管理しないとならない状況に陥ります。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー病理制限が加わります。個人の見解で判断するのではなく、きちんとした知識を持つ医師や管理栄養士を頼るように心掛けましょう。肉や魚その他卵や豆腐はすごくな量のたんぱく質があり、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)に関しても案外たくさんのたんぱく質が含まれているのです。お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質の過剰摂取になります。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個相当のたんぱく質が含有されていますよね。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を含んだ食事を造る場合、細かく切り分けて茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食品の分類や調理を実行する際の水量・形状・処理時間次第で変動します。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。
PR:クレアギニンEX